試験対策

調理師免許を取得する場合、調理師専門学校に行かないのであれば、国家試験に合格しなければいけません。

できれば一発合格を狙いたいものですね。

スポンサードリンク

講座を利用する

調理師免許を取得したい!でもどうやって勉強を進めて行ったらいいのか分からない……専門学校に行く費用もないし……そんな人は、調理師免許取得講座を利用してみましょう。

試験科目ごとのポイントも学習できますので、大変便利です。

試験科目

試験科目は全部で7つあります。それぞれのポイントを押さえておくことが試験対策になります。

それでは1つずつ、ポイントを紹介していきましょう。

食文化概論

豚

日本だけではなく、外国の食文化や、食の意義について問われる科目です。

西洋料理だとイタリア料理、フランス料理などに分類され、中国料理の場合だと、上海料理、四川料理、北京料理、関東料理などがありますし、その他にもエスニック料理などに分類されるということを把握しておかなければいけません。

それだけではなく、宗教によって、食べてはいけないとされている食のタブーについても必ず必要になってくる知識になります。

栄養学

知識を問われる大事な分野です。

基本的な栄養素や消化器などへの影響、調理の工夫などが問われます。5大栄養素である、タンパク質や脂質、ビタミン、糖質、無機質がどんな食品に含まれているのか、覚えておきましょう。

カロリーについての知識も必要になります。

衛生法規

国民の健康増進を目的とされています。

食品学

野菜

穀類、いも類、油脂類、豆類、魚介類、鳥獣鯨肉類、卵類、野菜、果物類などの、それぞれの特徴を把握しておく必要があります。

例えば、穀類で言えば、糖質やリンが豊富で、脂肪が少なく、タンパク質が摂れると言う感じです。


公衆衛生学

調理師になる以上、気をつけなければいけない疾病要因への知識が必要になります。

調理理論

鍋

器具などの調理で扱うものや、食品の知識などを幅広く扱う分野です。

天然色素にはどんなものがあるのか、非加熱調理や過熱調理、化学的調理などの調理操作、色んな味を組み合わせる味の混合効果などがあります。


食品衛生学

食品衛生法や食品添加物、食中毒の防止に関する分野です。


ページの上にも戻る