調理師専門学校

調理師になるためには、それなりの知識が必要になります。そして国家試験に合格しなければ免許を受けることができません。

調理師免許の取得方法には2種類あり、調理師学校などの専門学校に行くのも1つの方法です。

スポンサードリンク

厚生労働大臣指定

学校

専門学校で調理師の知識を学ぶのであれば、厚生労働大臣指定の調理師専門学校を選ぶことをお勧めします。

時間や経済的に余裕があるのであれば、専門学校で学ぶのがいいでしょう。年齢的に若い人にお勧めです。


調理師専門学校のメリット

厚生労働大臣指定の調理師専門学校で学ぶことのメリットは、卒業することで国家試験が免除されると言うことです。

申請を行うだけで調理師免許を取得できるのが最大のメリットでしょう。

じっくり勉強できる

専門学校に行くと、現場での実務経験だけでは分からない食品に関する知識をじっくりと学ぶことができます。もちろん、調理技術を習得することもできます。

また、調理師免許を取得したあとの求人なども学校にきますので、進路先を選ぶのに便利です。

学費はどれくらい?

気になるのは、費用がどれくらいかかるのかということですね。

専門学校には夜間の部を設けているところも多く、昼間の部と夜の部などでかかる費用が変わります。

ここで紹介するのはあくまでも相場ですので、参考程度にとどめておいてください。

 

入学金

学費

昼の部(1年)

18万

110万

昼の部(2年)

18万

210万

夜間の部(1年半)

15万

95万

これらはあくまでも目安です。これらの他に、教材費や雑費が5万から25万円かかるのがほとんどです。

奨学金制度を設けている学校もありますので、事前に調べておきましょう。

学校選びのコツ

調理師専門学校のサイトを見ていると、体験入学を行っている学校が多く見受けられます。気になる学校があったら、どんどん体験入学をしてみましょう。

自分の目で見て経験することが学校選びには大切なことです。入学してから、こんなはずじゃなかった……と、ならないよう、学校選びは納得いくまで行いましょう。

詳しくはコチラ

ページの上にも戻る