調理師の収入

調理師として働くと、一体どれくらいの給料がもらえ、どのくらいの収入になるのでしょうか。

あくまでも目安ですので、参考程度にしておきましょう。

スポンサードリンク

平均年収は?

賞与

平成20年の統計によると、調理師の平均月収は25.4万円になります。ここからボーナスを含めた年収を計算してみると、約344.3万円になります。

この不況の中、ボーナスが出ないところもありますので、この数字よりも下回る場合もあるでしょう。全体的に見ても、5年間ほどは収入の増加はなく、横ばい状態になっているようです。

見習いの給料は?

調理師の免許を取得したからと言って、すぐに一人前の調理師になれるわけではありません。最初は見習いから始まり、徐々に経験を積んで一人前の調理師になっていきます。 では、気になる見習いの給料はいくらくらいなのでしょうか。

目安としては、働き始めは大体14〜19万くらいが相場のようです。実力がつくまでは、あまり良い収入とは言えませんが、徐々に実力をつけ、実績を積むことによって一人前になると、おおよそ25万円程度の給料がもらえるようになります。

収入を上げるためには

調理師は実力と腕の世界です。実力がなければ収入もアップしていきませんので、それなりの努力が必要になります。

働く場所によっても給料は変わってきますが、一流料亭や三ツ星レストランで働く料理長クラスになると、年収が1000万を軽く超える調理師も存在します。

自分の店を持つ

料理に関わる仕事をしていく中で、将来自分のお店を持ちたいと夢見る人もいるでしょう。料亭やレストランで働くよりも、収入をアップさせることができる可能性があります。それには、調理師としての料理の腕はもちろんのこと、経営力も必要になってきます。

おいしい料理に加え、季節ごとの料理や新しいメニューを考える、店内のレイアウトなども、流行るかどうかに関係してくるでしょう。自分の腕が、売上に反映されることから、店を持つということは、やりがいにもつながっていくでしょう。

詳しくはコチラ

ページの上にも戻る